FXキャンペーン

FXキャンペーンの最新比較一覧表

現在、各FX業者がさまざまなFXキャンペーンを展開しています。このHPでは、それらの中でも特に人気がある15社の4月の最新キャンペーンを一覧表形式で比較しています

ちなみに、これらのキャンペーンでは、口座開設・入金・取引などの条件を満たすことによって最大で50,000円15社合計で187,650円を得ることができます。

また、このHPではFXキャンペーンの攻略法も紹介しています。これを読めば、簡単に効率よくキャッシュバックを手に入れることができます

最終更新日:2014年4月15日

公式サイトへ キャッシュバック金額 必要入金額 必要取引量
ヒロセ通商 10,000円 1万円 10万通貨
JFX 10,000円 1万円 20万通貨〜
DMM.com証券 10,000円 10万円 400万通貨
外為ジャパン 10,000円 10万円 400万通貨
GMOクリック証券 5,000円 10万円 400万通貨
マネックスFX 50,000円 指定なし 100万通貨〜
シストレ24 10,000円 50万円〜 1回
外為オンライン 5,000円 10万円 100万通貨
FXブロードネット 10,000円 指定なし 400万通貨
FXプライム byGMO 7,000円 指定なし 10万通貨
みんなのFX 10,000円 指定なし 10万通貨〜
SBI FXTARDE 25,000円 指定なし 100万通貨〜
シストレ.com 10,000円 30万円 30万通貨
FOREX.com 5,650円 指定なし 130万通貨
マネーパートナーズ 10,000円 指定なし 100万通貨〜
公式サイトへ キャッシュバック金額 必要入金額 必要取引量

FXキャンペーンの最新人気ランキング

ここでは、FXキャンペーンの最新人気ランキングを1位〜6位まで掲載しています。

 

また、このランキングは当HPからの申し込み件数をもとに作成しているので、ここを見れば人気のFXキャンペーンが一目でわかります

 

最終更新日:2014年4月15日

 

FXキャンペーンランキング第1位

10万通貨の取引で10,000円が貰えるキャンペーンが魅力

ヒロセ通商

 

 

獲得金額 FXキャンペーンの条件

10,000円

1. 口座を新規開設

 

2. 1万円以上の初回入金

 

3. ポンドをLION FXで片道10万通貨以上

 

期間:2014年4月1日から2014年4月30日

 

 

FXキャンペーンランキング1位は、ヒロセ通商です。

 

現在、ヒロセ通商では、口座開設・入金・10万通貨の取引10,000円がもらえるキャンペーンを実施中です。

 

このキャンペーンが、現在開催されている口座開設キャンペーンの中では、最も取引条件が簡単になっています。

 

さらに、ヒロセ通商では、新規の顧客だけではなく、既存の顧客向けのキャンペーンも充実しており、ラーメンや餃子などの様々な食品をもらうことができます。

 

また、取引手数料が無料で、スプレッドも業界最狭水準です。それに加えて、取扱い通貨ペア数も業界トップクラスなので、短期・中期・長期とありとあらゆる投資スタイルに対応することができます。

 

この機会にヒロセ通商を開設してみてはいかがでしょうか。

 

ヒロセ通商公式サイトへ

手数料

スプレッド (米ドル/円)

通貨ペア数

取引単位

無料

0.4銭

50

1,000通貨〜

FXキャンペーンランキング第2位

10,000円が貰えるキャンペーンと高い約定能力が魅力

JFX

 

 

獲得金額 FXキャンペーンの条件

10,000円

1.新規口座開設

 

2. 初回入金1万円以上

 

3. 新規約定20万通貨以上 (ポンド円, 豪ドル円, NZドル円, ユーロ円)

 

または 新規約定80万通貨以上 (ドル円, ユーロ米ドル)

 

期間:2014年4月1日から2014年4月30日

 

 

FXキャンペーンランキング2位は、JFXのMATRIX TRADERです。

 

現在、JFXでは、口座開設・取引などの条件を満たせば10,000円がもらえるキャンペーンを実施中です。

 

また、取引手数料が無料で、スプレッド業界最狭水準です。

 

それから、約定率99.9%で約定時間も0.025秒と約定能力にも大変定評があるので、短期取引にもってこいです。

 

さらに、カレーやチャーハンが貰える取引キャンペーンを頻繁に実施しているので、口座開設後もキャンペーンを楽しめます。

 

この機会にJFXのMATRIX TRADERの口座を開設してみてはいかがでしょうか。

 

JFXの公式サイトへ

手数料

スプレッド (米ドル/円)

通貨ペア数

取引単位

無料

0.4銭

21

1,000通貨〜

FXキャンペーンランキング第3位

1万円が貰えるキャンペーンと業界最狭クラスのスプレッドが魅力

DMM.com証券

 

 

獲得金額 FXキャンペーンの条件

10,000円

1. 口座開設後、10万円以上の入金

 

2. 400万通貨以上

 

期間:2012年8月1日から2014年9月30日

 

 

FXキャンペーンランキング3位は、DMM FXです。

 

現在、DMM FXでは、口座開設・取引などの条件を満たせば10,000円がもらえるキャンペーンを実施中です。

 

また、取引手数料が無料で、スプレッドも業界最狭水準なので、トータルコストに関しても業界トップクラスと言えるでしょう。

 

それから、DMM FXは2012年のFX取引高世界第2位に輝いており、このこともDMM FXの取引コストの安さと取引のしやすさを証明していると言えます。

 

この機会にDMM FXの口座を開設してみてはいかがでしょうか。

 

DMM FX公式サイトへ

手数料

スプレッド (米ドル/円)

通貨ペア数

取引単位

無料

0.3銭

20

10,000通貨〜

FXキャンペーンランキング第4位

10,000円が貰えるキャンペーンと狭いスプレッドが魅力

外為ジャパン

 

 

獲得金額 FXキャンペーンの条件

10,000円

1. 口座開設申し込み3ヶ月以内に合計10万円以上入金

 

2. 口座開設申し込み3ヶ月以内に400万通貨以上で、10,000円

 

期間:2012年9月1日から2014年9月30日

 

 

FXキャンペーンランキング4位は、外為ジャパンです。

 

現在、外為ジャパンでは、口座開設・取引などの条件を満たせば10,000円がもらえるキャンペーンを実施中です。

 

また、取引手数料が無料で、スプレッドも業界最狭水準です。

 

この機会に外為ジャパンの口座を開設してみてはいかがでしょうか。

 

外為ジャパン公式サイトへ

手数料

スプレッド (米ドル/円)

通貨ペア数

取引単位

無料

0.3銭

15

1,000通貨〜

FXキャンペーンランキング第5位

5,000円が貰えるキャンペーンと狭いスプレッドが魅力

GMOクリック証券

 

 

獲得金額 FXキャンペーンの条件

5,000円

1. FXネオを新規口座開設

 

2. 口座開設翌月末までに100万通貨以上

 

期間:2014年1月6日から2014年6月30日

 

 

FXキャンペーンランキング5位は、GMOクリック証券です。

 

現在、GMOクリック証券では、口座開設・取引などの条件を満たせば5,000円がもらえるキャンペーンを実施中です。

 

また、取引手数料が無料で、スプレッドも業界最狭水準です。

 

そして、スプレッドだけでなくスワップポイントも高水準なので、短期投資・長期投資の両方に活用することができます。

 

それから、GMOクリック証券は2012年のFX取引高世界第1位に輝いており、このこともGMOクリック証券の取引コストの安さと取引のしやすさを証明していると言えます。

 

この機会にGMOクリック証券の口座を開設してみてはいかがでしょうか。

 

GMOクリック証券公式サイトへ

手数料

スプレッド (米ドル/円)

通貨ペア数

取引単位

無料

0.3銭 (原則固定)

14

10,000通貨〜

FXキャンペーンランキング第6位

最大5万円のキャッシュバックキャンペーンが魅力

マネックスFX

 

 

獲得金額 FXキャンペーンの条件

50,000円

1. 口座を新規開設

 

2. 100万通貨以上の取引で3,000円

 

3. 500万通貨以上の取引で5,000円

 

4. 1,000万通貨以上の取引で10,000円

 

5. 2,000万通貨以上の取引で20,000円

 

6. 5,000万通貨以上の取引で50,000円

 

期間:2014年2月1日〜2014年4月30日

 

FXキャンペーンランキング6位は、マネックスFXのFXプレミアム口座です。

 

現在、FXプレミアム口座では、口座開設・取引などの条件を満たせば最大で50,000円がもらえるキャンペーンを実施中です。

 

50,000円をもらうための条件は、5,000万通貨以上の取引なので難易度が非常に高いです。

 

でも、100万通貨の取引で3,000円をもらうことができるので、こちらなら十分達成可能でしょう。

 

それから、FXプレミアム口座は10万通貨未満の取引ができないので、資金力の豊富な方向けの口座と言えるでしょう。

 

マネックスFX公式サイトへ

手数料

スプレッド (米ドル/円)

通貨ペア数

取引単位

無料

0.6銭

13

100,000通貨〜

FX関連記事

ポジショントークとは

 

ポジショントークとは、株式や為替の市場において使用される専門用語です。その意味は、買い持ちや売り持ちのポジションを保有している著名市場関係者が、自分のポジションが利益を生む(自分に有利になる)ように相場が動いていくような発言をすること。

 

少し分かりにくいかもしれませんが、市場心理を動かすような発言を、テレビやラジオなどマスコミ媒体を通して行って、そのことで全体の市場が自分のポジションに有利に動いていくよう誘導していくことで、金融市場に限らずどこの世界でも見られるような行為です。

 

ポジショントークは基本的に、虚偽の情報を流すのではなく、あくまで市場予測の立場に立って行われるため、違法ではありませんし摘発された事例も過去にはありません。

 

またポジショントークには、意図的にではなく、潜在意識の期待が無意識的に発言に出てしまうことも含まれるので、一概に立場を利用した質の悪い行為だということもできないようです。ただ、行き過ぎた発言によって、合理的な根拠のない情報と判断されれば、今後罰せられる人や団体が出てくることも十分に予想されます。

 

 

ポジションとは

 

FX業界におけるポジションとは、FXで取引を行うときに、自分がある「状態」を指しています。たとえば、外貨を購入はしたものの売り決済はしていない「状態」、資産を売却して買い戻し決済はこれからという「状態」、はたまた取引を行っていない「状態」・・・・・・これらのいずれも、その人のポジションであるということが出来ます。

 

このポジションという言葉は、FX取引はもちろん、あらゆる金融資産の運営の面々で使われることが普通となっています。ポジションという言葉の具体的な使い方としては、以下のようなものがあげられます。

 

資産の購入をして売り決済をしていない状態のときは、「買いポジション」、「ロングポジション」、「ポジションを保有している」。反対に資産を売却して買い戻し決済をしていない状態のときは、「売りポジション」、「ショートポジション」。

 

取引を行っていない状態は、「ノンポジション」、あるいは略してノーポジなど。自分が今どの状態であるのか、どのポジションであるのかを理解しておくことによって、FXの説明がぐんと分かりやすくなります。

 

さらに、取引を新しく始めることは「ポジションメイク」と呼ばれています。

 

 

ポジション調整とは

 

FXなど投資の世界において、自分が今、取引上どのような状態にあるのかを指す言葉が、ポジションです。そして一般に、「ポジションを保有している」というと、資産の購入をして売り決済をしていない状態を指すことになります。

 

ポジション調整とは、その「保有しているポジション」の一部を、持ち高を減らしたり投資資金の分配変更のために決済することを意味しています。ポジションが膨らんでしまうと、買い持ちの場合は相場の下落によって利益が損なわれてしまうリスクもまた同時に高くなるのですが、ポジション調整を行うことで、そのリスクを少しでも回避することができるようになります。

 

反対もまたしかりで、売りもちで相場が少々したときにも、損失のリスクは大きくなるので、ポジション調整をするのがいいとされています。このようなポジション調整のタイミングとして注目されるのは、相場が大きく動く可能性のある、特定の出来事が起こる時期です。

 

何か重要なイベントの前や、経済指標の発表時期、予想外の出来事が起こるか脳性の高い週末・連休の前など、一般的にポジション調整が多く行われます。

 

 

証拠金とは

 

FXの世界でいう証拠金とは、取引に欠かせないものです。もともと、FXとは外国為替証拠金取引という和名であるように、証拠金を使って取引を行うもの。

 

日常生活および外貨預金で行われる、商品とその価値に応じた金銭の交換(売り買い)が基本となる取引とは、質をことにしているのがFXなのです。FXでは、取引するためには現金ではなく証拠金が必要です。

 

その証拠金は、取引する金額の数パーセントから数十パーセントの金額の設定になるのが普通で、必ずしもそのものの価値どおりの金額を用意する必要はありません。

 

つまり、FXのような証拠金による取引では、少ない金額で大きな取引をすることだって可能なのです。少ない証拠金で取引を成功させることが出来れば、結果として利益も極めて高くなりますから、FXには場合によっては大もうけのチャンスもあるのです。

 

しかし、損失が重なっていって、一定の額まで証拠金が減少してしまうと、強制決済になってしまうという注意点もあります。これをFXの世界では、ロスカットと呼んでいます。また証拠金は一種類ではなく、FX業者によってさまざまな呼び方があることにも注意しましょう。

 

 

変動相場制とは

 

変動相場制とは、固定相場制と違って通過を一定の比率に固定させない制度のことを指していて、フロート制と呼ばれることもあります。変動相場制では、為替レートはマーケットの需要と供給によって決まっていきます。

 

ただし、中央銀行の市場介入による為替レート操作が行われる場合も多くあるのが現在の実情で、厳密には完全な形の変動相場制が実行できているとはいえないようです。

 

変動相場制が普及したのは、1971年のニクソンショック以後だといわれています。ニクソンショックより前は、アメリカドルと金による固定相場制が長く続いていたのですが、ニクソンショックによりアメリカドルの金交換性停止、およびブレトン・ウッズ体制が崩壊したことから、日本を始めとする主要先進国のほとんどは変動相場制に移行していきました。

 

1976年になると、IMF暫定委員会から変動相場制はキングストン体制として正式な承認を受けるようになります。さらに90年代に入ると、変動相場制を採用する国はますます増えていきます。

 

変動相場制は、固定相場制のように金融政策の自由、国際間のお金の移動の移動の自由を妨げる心配がないというメリットがありますが、同時に、為替相場が不安定であるというデメリットを抱えています。

 

 

ファンドマネージャーとは

 

ファンドマネージャーとは、金融資産を運用する専門家のことで、ファンドを運用する人のことを指します。投資信託会社や投資顧問会社などの運用会社に属していて、投資家から集めた資金のファンドの運用担当者がファンドマネージャーになります。

 

投資信託の組成や年金基金の受託によって、顧客から集めた多額の資金でポートフォリオを組成、管理するのが主な役割で、収益を上げることを目的としています。

 

ファンドの投資方針に基づき、投資配分を決めた上でポートフォリオを組成し、株式や債券などの銘柄に分散投資をします。投資環境を見ながらポートフォリオを最適なものに組み替えることで、設定した基準となるベンチマークに対して、それを上回る運用成果が期待されています。

 

ファンドマネージャーとは、機関投資家の運用担当者のことで、いわば投資のプロになります。自らの専門知識と投資資産家からの情報により、資産の運用を的確に行なっていきます。

 

また、投資家の資金の状況を見ながら、随時、投資計画の見直しを行ないます。最近では、優秀なファンドマネージャーを年俸制で確保する機関投資家も増えています。

 

 

フェイバーとは

 

フェイバーとは、持っているポジションを今のレートで評価した際、利益となっている状態を指します。これに対して損失になっている状態をアゲインストと呼んでいます。

 

持っているポジションに利益が出ている状態がフェイバーで、日本語では、親切な行為という意味があります。利益は誰かのための親切な行為になるわけで、フェイバーは良い状況を指しています。

 

市場用語で、マーケットに参加しているディーラーなどが保有しているポジションに利益が出ている状態がフェイバーになります。ポジションを市場レートで評価した場合、利益となっている状態で、評価損益のうちの評価益のことです。

 

但し、確定利益ではありません。今手元にある未決済の取引が、現在の価値で換算すると利益がでている状態がフェイバーであり、含み益ともいいます。

 

今現在、利益がでていても、今後、値上がりしそうな場合のみ持ち続けていいことになります。仮に天井が近そうであれば、利益を確定させるために手放す必要があります。

 

今もっている取引を決済した場合、損益になるのか利益になるのかで大きく変わってきます。損益だった場合、アゲインストとなり、利益だった場合、フェイバーになります。

 

 

フォレックスとは

 

フォレックスとは、外国為替のことを言います。異なる2つの通貨を交換するのがフォレックスであり、通貨と通貨の交換取引になります。フォレックスについては、これまで外為法で取引制限があったのですが、今は完全に自由化されています。

 

そのため、多様な取引が可能になっていて、現金の輸送をしないで国際間の貸借を決済します。いわゆるフォレックスというのは信用決済手段であり、異種通貨債権の交換になります。

 

外国為替の一つの形態である外国為替証拠金取引の意味合いとして、フォレックスという言葉が使われることもあります。フォレックスをもう少し細かく分析すると、金融先物取引法第2条第4項1号に規定される店頭金融先物取引の一形態になります。

 

外国為替証拠金取引、外国為替保証金取引、外為FXなどは全てフォレックスに包括されます。外貨預金と異なり、フォレックスの場合、業者に証拠金を預託して、レバレッジを利用して証拠金の数倍〜数十倍の外貨を取引することになります。高レバレッジをきかせることでハイリスク・ハイリターンの取引が可能になります。

 

 

フォワードとは

 

フォワードとは、先物為替取引のことで、通貨を売買することを契約した日から2営業日以降に受け渡しが行われる外国為替取引のことを指します。

 

将来の特定日もしくは一定期間後に契約時に定めた条件によって受け渡しをするのがフォワードであり、将来の為替リスクの回避、持高調整の手段などでよく使われます。

 

外国為替取引では、資金決済の時期により、スポットとフォワードがあり、これらの売買を同時に交差的に組み合わせて行う取引もあります。これを為替スワップと呼んでいます。

 

フォワード取引をする場合、店頭取引による取引になります。この場合、事前に設定した取引条件で金融資産の購入や売却をします。現物決済がフォワード取引の原則であり、実際に現物商品の受け渡しを行います。

 

例えば、会社が、数ヵ月後、輸入した素材の代金に10万ドルを支払う必要があるとした場合、ドル円相場は不透明になります。そのため、あらかじめ、会社は銀行と数ヵ月後、1ドル100円で購入する契約を結び、3ヵ月後、会社が銀行に10万ドル分を支払います。そうした契約がフォワード取引になります。

 

 

フューチャーとは

 

フューチャーとは、単純に先物取引のことを指します。いわゆる、市場が納会日を決めて、納会日までに反対売買で差金決済する取引のことを指します。

 

先物取引のことを投資用語でフューチャーと言い、フューチャーズということもあります。市場性のある特定の財を対象にして、将来の受渡日に現時点で取り決めた約定価格によって取引することを約束する契約がフューチャーになります。

 

対象となる財の現物を必要としていないフューチャーは、期日を待たないで反対取引をすることで決済することが多くなります。発生した差額だけを支払うか受け取ることになるのがフューチャーであり、このことを差金決済と呼んでいます。

 

今現在のフューチャーは、売買の当事者があらかじめ期日を決めて、現物を受け渡すことを約する契約と違い、市場が期日を決め、期日までに反対売買で差金決済するというのが普通になっています。

 

フューチャーする目的は、価格変動の影響を避けるためのリスクヘッジ、適正価格を定めるための商品価格の調整機能の役割、価格変動を利用しての利益を得るスペキュレーション、商品の調達先や販路になる意味合いがあります。

 

 

ブルとは

 

ブルとは、英語で雄牛を意味する言葉です。そこから転じて、投資の世界では、これから相場が上昇するのではないかという予想、相場を強気によみとる姿勢のこと、また相場が上昇していること自体を、ブルと呼ぶことがあります。

 

雄牛が角を突き上げて勇ましく突進していく姿が、トレーダーが攻めの姿勢で買いを示す動作に似ているというのがそのつながりです。ブルという言葉は、弱気を意味するベアと対で使われることが多くなっています。

 

投資信託の中にある、ブル型、ベア型、という商品のくくりはそれぞれ、相場が上昇しているときに利益が出るように設計された商品、相場が下落しているときに利益が出るよう設定された商品、となっています。

 

ブル型ファンドは、投資資金の倍以上の効果となるオプションなどに投資をしているため、買い建てをすることで指数以上の値動きとなり、大きな利益が期待できます。

 

相場の上昇のときにブル型のファンドを活用すると、株式の騰落が予想しやすくなるため、わりあいに少ない投資額でリターンを狙うことができるので、おすすめです。

 

ただし下落傾向のときにブル型を活用してしまうと、大きな損失が出ることにも注意しなければなりません。

 

 

ベアとは

 

ベアとは、英語でクマを意味しています。そして投資の世界においては、そのクマの、爪を振り下ろして攻撃する姿や背中を丸めている姿になぞらえて、ベア=相場が下落すること、という意味で使われています。

 

対となる言葉はブルで、こちらは雄牛が角を突き立てる様子から転じて、相場の上昇している様子、これから相場が上がっていくと読む強気な姿勢のことを指すようになっています。

 

ブルとベアはほとんどペアのように使われることが多い言葉で、投資信託の商品にも、ブル型、ベア型、双方が用意されているのが基本です。ブル型やベア型のファンドは、先物やオプションを利用することで基準の指数をはるかに上回る投資成果を期待することができるといわれています。

 

具体的に、ベア型ファンドの場合は、日経平均株価の例でいうと、日経平均株価が10パーセント下落することでファンドの価が20パーセント上昇することになります。その利益はおよそ二倍になるのです。

 

これは、先物やオプションに投資資金の倍の効果をもたらす投資をしていることで可能になっています。ベア型ファンドの場合は売りたてですが、ブル型ファンドの場合は買いたてるのが一般的です。

 

 

ヘッジとは

 

ヘッジとは、リスクを現象するためにとる行動のことを意味しています。現在とっているポジションとまったく反対のポジションをとるなどして、損害を消したり、また軽くしたり使用とするこの行動には、プロテクティブ・プットだとか、カバード・コールという、具体的な名称のついた方法がいくつか存在しています。

 

いずれにしても、資産の空売りや空買い、先物、スワップといった派生商品を利用して工夫して行う必要があり、専門的な知識と適確な読みが必要とされます。

 

またヘッジを行うと、リスクを軽減することはできますが、その分、収益の機会を犠牲にするというデメリットがありますから、その辺りにも慎重になる必要があるでしょう。

 

ヘッジを行った場合と行わなかった場合とでは、良い結果になる確率が50パーセント、悪い結果になる確率も50パーセントなので、どんな結果になろうと納得し責任を終えるだけの気持ちで挑まなければなりません。

 

取引費用が低い派生証券を活用すると、効率的にヘッジが行えるなど、ヘッジの実行にはいくつかのポイントがありますから、事前に勉強しておくのがおすすめです。

 

 

ヘッジファンドとは

 

ヘッジファンドとは、少ない投資家から多額の資金を集めて運用するファンドのことを意味しています。小口の資金をたくさんの投資家たちから集めることが一般的な通常の投資信託と違って、ヘッジファンドは、ほとんど私募のような形で、大口の資金の提供を極めて少しの投資家から受けて、運用していくので、行っている人の数も極めて少数となっています。

 

日本でヘッジファンドにかかわっている人は五十人を下回るとされていますし、アメリカでも、百人未満だといわれています。しかしアメリカやロンドンを中心に、年々ヘッジファンドは増えているとも言われていて、注目を集めていることは間違いありません。

 

有名なところでは、クォンタムファンド、既に破綻してしまったLTCMなどがあげられます。ヘッジファンドの具体的なやり方としては、少数の投資家から集めた多額の資金を株式や通貨の空売りなどに活用するといったことがあげられます。

 

しかしヘッジファンドは大きなリスクを伴うので、それに参加・購入するにあたっては、米国証券取引委員会のガイドライン以上の資産を保有する資産家である必要があります。

 

 

ポジションテイカーとは

 

ポジションテイカーとは、金融市場業界用語で、自分の相場観にのっとって自由なタイミングでポジションをもち、収益を狙う市場参加者のことを指しています。

 

一般に、銀行にいる機関投資家の為替ディーラーのうち、収益を狙って利益を追求するというような、ごくごく普通のイメージどおりの為替ディーラーが、このポジションテイカーに該当しています。

 

ポジションテイカーは、別名プロプライトアトリーディーラーと呼ばれることもあります。インターバンクディーラーとは異なり、自らリスクをとってポジションをつくりにいくのがポジションテイカーの最大の特徴となっています。

 

ニュースや経済指標の読み込みや、国内外の市場関係者との情報交換、相場見通しの意見のやり取り、またチャートを使ったタイミングの思案などを重ねて自分なりに投機のタイミングをはかるのが、ポジションテイカーなのですが、その際に最も重要視する情報、フローを重視するのかチャートを重視するのか経済指標を重視するのかといった点は、個々人によって異なるのもポジションテイカーの特徴です。

 

調査分析の専門家の力を借りて行う人も多くいます。

リンク集